スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第64回 本試験解答

去年もやったので今年も!

国税徴収法は、理論ベタを書かせる問題がいくつかあったが、覚えてる範囲外から出題 
よって、作文で書いたので多分ダメ
作文力が問われそうな問題も難易度が易しめだったので、
基本満点近くの勝負になるかなって問題でした

では所得の解答

(1)所得税と雑所得の所得区分について説明しなさい
その上で、それぞれの所得計算において共通する取扱い、異なる取扱いについて、対比させる形で述べなさい

[1]意義
   1.事業所得
   2.雑所得
  
  [2]異なる取扱い
   1.事業所得は、専従者の必要経費算入及び青色事業専従者給与の必要経費算入が認められているが、雑所得にはみとめられていない
   2.事業所得には、青色申告制度があるが、雑所得にはない
   3.事業所得の金額の計算生じた損失は、他の各種所得の金額から一定の順序で控除できる(いわゆる損益通算)が、雑所得の金額の計算上生じた損失の金額は、控除できない
   4.事業所得を生ずべき事業の遂行上生じた債権の損失は、貸倒損失として、損失が生じた年分の必要経費に算入するが、雑所得となる元本債権の貸倒れは、雑所得の金額を限度として必要経費に算入し、収入金額の元となる債権が回収不能となった場合には、なかったものとみなす
   5.事業所得となる事業を始めるときは、開業届出書などの一定の届出が必要であるが、雑所得には、必要ない
  
[3]共通する取扱い
   1.どちらも総収入金額から必要経費を控除して、所得の金額を計算する
   2.どちらも経常的な性質をもった所得である
  


(2)事業用資産が棚卸資産であるか、あるいは棚卸資産以外の資産であるか、により生じる課税上の異なる取扱いについて述べなさい

[1]資産損失について
 1.概要
  棚卸資産について生じた損失は、売上原価として必要経費に算入される。棚卸資産以外の資産(事業用固定資産・繰延資産)については、資産損失として必要経費に算入される
 2.規定
  ①棚卸資産
   棚卸資産の金額の計算上生じた損失の金額は、年末棚卸資産の評価を通じて売上原価として事業所得の金額の計算上、必要経費に算入される
  ②事業用固定資産・繰延資産
   事業所得等を生ずべき事業を営む居住者が、事業の用に供される固定資産・繰延資産について生じた損失は、その損失が生じた年分の事業所得等の金額の計算上、必要経費に算入される

[2]保険金について
 1.棚卸資産
  棚卸資産の損失により収入した保険金は、事業所得の金額の計算上、総収入金額に算入する
  2.棚卸資産以外の資産(事業用固定資産・繰延資産)
  事業用固定資産・繰延資産の損失により収入した保険金は、資産損失の金額の計算上控除する

[3]無償による移転
 1.棚卸資産
  棚卸資産を無償で移転した場合には、その移転をした日の属する年分の事業所得等の金額の計算上、移転した時における価額で総収入金額に算入する
 2.棚卸資産以外の資産
  ①時価課税される場合
   棚卸資産以外の資産を無償で移転した場合において、次に掲げる自由により移転した場合には、移転時の価額で譲渡所得の金額の計算上総収入金額に算入する
   (イ)贈与(法人に対するものに限る)遺贈(包括遺贈うち限定承認に係るものに限る)相続(限定承認にかかるものに限る)
 ②引き続き所有しているものとみなされる場合
  次に掲げる自由により移転した場合には、その者が引き続いて所有していたものとみな    
 す
(イ)贈与、相続、遺贈(①に該当するものを除く)

[4]著しく低い価額による譲渡
 1.棚卸資産
  棚卸資産を著しく低い価額で譲渡した場合には、その対価の額とその譲渡の時における価額との合計額が事業所得の金額の計算上総収入金額に算入される
 2.棚卸資産以外の資産
  棚卸資産以外の資産を著しく低い価額での譲渡をした場合には、その事由によって次のように取り扱う
① 法人の場合
著しく低い価額の対価(譲渡時の価額の1/2未満)で譲渡した場合には、譲渡した時における価額により譲渡所得の金額の計算上総収入金額に算入する
② 個人の場合
個人にたいして著しく低い対価(譲渡時の価額の1/2未満)による譲渡をした場合において、その対価の額が取得費及び譲渡費用の額にみたなかった場合におけるその不足額はなかったものとみなす

(書いたかどうか怪しい部分)
原則
 対価の額が譲渡所得の金額の計算上総収入金額に算入される
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

本試験お疲れちゃん~←すでに死語?

年内はどうする予定?

Re: No title

>>Johnさん
疲れるほど、勉強しちゃダメよ←ワクさん風に~
年内は、前にもちょっと書いたけど、
法人と住民やる予定です
具体的な方法論は、まだブログに書いてみます
プロフィール

ほくすけ

Author:ほくすけ
座右の銘
「夢見る現実主義者(リアリスト)」

行動理念
「楽して生きる為に、死ぬ気で努力する!」

現在は税理士目指して勉強中(会計事務所アルバイト)

2011年
消費税法  合格 
(簿記2級3級 合格)

2012年
簿記論   合格
財務諸表論 合格
(FP3級   合格)

2013年
法人税法   A
相続税法   B

2014年
所得税法  A
国税徴収法 A

2015年
法人税法  合格
住民税   B

2016年
所得税法  合格
事業税   D

2017年
相続税法 受講中
固定資産税 受講中


本ブログは、独断と偏見及び自己中心的な文章により構成しているため、気分を害される方も見えると思います
なお、建設的な意見、誹謗中傷、あらしコメント、愛の告白等、「宣伝以外のコメント」なら、なんでも歓迎しています!!

ブログランキング
にほんブログ村 資格ブログ 税理士試験へ
にほんブログ村

カウント
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
ブログランキング

FC2Blog Ranking

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。