スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

法人実判2回 相続応用6回

相続応用6回ネタ
相続時精算課税適用者が、配偶者控除を受ける事ができるとき
①甲の養子になる
②相続時精算課税に係る贈与をする
③甲と離縁
④甲と結婚する



相続応用6回 理26 計30 合56
法人実判1回 理34 計33 合67

実判2回も受けました
理論の問題が分かりにくい・・・
中途半端な誘導は無いほうが書きやすいな~

問題文に売上の繰り延べができる規定の適用要件って言われて、
割賦販売の意義を書かせるのはちょっと・・・
割賦販売を満たすのは、前提条件かなと思うので、適用要件とは少し違うような・・・
まぁ小題が4つあるから、全部見てから、考えて書かないとダメですかね
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

今回は1回目より簡単だったすねf^_^;自分も理論の形式でちょっと迷ってしまったすf^_^;

No title

>>努力さん
今回は、計算は、コメントの練習が主な目的なテストかなって思いました
論点自体が難しすぎると、コメントできなくなっちゃいますからね
計算パターンは分かるけど、的確にコメントできるかってのがテーマだったのかなと思います~

No title

こんばんは☆
なんかそんな問題去年もあった気がします。

もしかして第1回の理論は貸し倒れ引当金でした??

No title

>>よじもるさん
こんばんは☆
まぁ理論の問題なんて、事例以外は、あまりパターンない気がしますから、
改正理論以外は、そんなに変わらないんじゃないでしょうか
ミニテストと同じような問題結構みますし・・・
特殊な問題作っても、あまり意味ないですしね・・・

第1回は、22条の益金、圧縮ベタ
第2回は、22条の損金、長期割賦販売等ベタ
って感じでした
プロフィール

ほくすけ

Author:ほくすけ
座右の銘
「夢見る現実主義者(リアリスト)」

行動理念
「楽して生きる為に、死ぬ気で努力する!」

現在は税理士目指して勉強中(会計事務所アルバイト)

2011年
消費税法  合格 
(簿記2級3級 合格)

2012年
簿記論   合格
財務諸表論 合格
(FP3級   合格)

2013年
法人税法   A
相続税法   B

2014年
所得税法  A
国税徴収法 A

2015年
法人税法  合格
住民税   B

2016年
所得税法  合格
事業税   D

2017年
相続税法 受講中
固定資産税 受講中


本ブログは、独断と偏見及び自己中心的な文章により構成しているため、気分を害される方も見えると思います
なお、建設的な意見、誹謗中傷、あらしコメント、愛の告白等、「宣伝以外のコメント」なら、なんでも歓迎しています!!

ブログランキング
にほんブログ村 資格ブログ 税理士試験へ
にほんブログ村

カウント
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
ブログランキング

FC2Blog Ranking

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。