スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

転職 その2

次は求人の見つけ方です

大まかに

・転職エージェント

・リクナビネクストなどのネット転職サイト

・自社のHPなどに求人掲載

・ハローワーク

・新聞、折込広告など

・友人、知人

ざっとあげるとこんなところです

「友人、知人からの紹介」を除くと、

ブラック会社率は下に行くほど高くなる傾向です

(新聞求人とハローワークのブラック度はあまり変わらないと思います)

募集企業側から考えると、下にいくほどコストがかかりません

参考までにコストの1例

・エージェント(転職者の年収の1/3)

・ネット求人掲載(1月10万程度?)

・ハローワーク(基本無料、雇い方によっては政府から援助金あり)

小さい会社や利益が上がってない会社ほど、

人件費にはコストを掛けられない=ブラック率が高いという結論になります

特殊な専門スキルをもっている人は、専門スキル専門のエージェントもあるので

そういった会社を利用すると上手くいく可能性が高いです

他には高収入の方は年収600万(1000万)以上限定のエージェントなどもあります

エージェントの場合は、良い企業かどうかのスケーリングなども

担当の人に相談できるんで、

自分の転職目的(優先順位)がはっきりしている場合

個人で転職を行うより転職先のギャップなども防ぎやすいと思います

ただエージェント経由の場合は、向こうも仕事なんで、

売れにくい人材は拒否くらいます

(例 年くってからの未経験業種への挑戦など)

次回も転職です。あらかた書きたい事は終わったんで、次は自分の転職を吐露しますw

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

結局ブラックに居たらすぐ転職できる先もほぼブラックなんで 逆転の道は普通に職探しじゃダメですなw

>>薫組長
好循環ループ、悪循環ループというのは、どの業界にもいえると思います
そのループから抜け出すには、パワー必要なのは間違いないですなw
プロフィール

ほくすけ

Author:ほくすけ
座右の銘
「夢見る現実主義者(リアリスト)」

行動理念
「楽して生きる為に、死ぬ気で努力する!」

現在は所属税理士

2011年
消費税法  合格 
(簿記2級3級 合格)

2012年
簿記論   合格
財務諸表論 合格
(FP3級   合格)

2013年
法人税法   A
相続税法   B

2014年
所得税法  A
国税徴収法 A

2015年
法人税法  合格
住民税   B

2016年
所得税法  合格
事業税   D

2017年
相続税法 年内のみ
固定資産税 年内のみ


本ブログは、独断と偏見及び自己中心的な文章により構成しているため、気分を害される方も見えると思います
なお、建設的な意見、誹謗中傷、あらしコメント、愛の告白等、「宣伝以外のコメント」なら、なんでも歓迎しています!!

ブログランキング
にほんブログ村 資格ブログ 税理士試験へ
にほんブログ村

カウント
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
ブログランキング

FC2Blog Ranking

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。