スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

体調は大事!

風邪ひいてましたわ~
一応、カリキュラム通りには進行してるんで、授業は遅れてないけど、
勉強には集中できてない感じ!

TACの全国模試もやりました!
多分ひどい点数です

法人も相続もプレ1やりましたけど、あれはちょっと・・・という感想の問題です
理論の回しスピードは上がってきましたので、
法人は、組織再編成以外は、それなりにもっていけそうかな
相続は、教育資金一括贈与の細かい所以外はもっていくつもり

まぁ残りの大原のテストも点数はしょぼいのしか取れそうにないですけど、
本試験で、戦えそうなイメージは沸いてきました(合格するかはまた別の話)

ということで、平成25年に2科目に合格して官報に載る気満々ですので、
よろしくお願いします!
スポンサーサイト

法人実判6 相続実判4

ネタ切れしたので、しばらくネタは休止します~

実判結果
法人
理44 計28 合72

相続
理44 計28 合72

法人のコメントの書き方の要領がイマイチ掴めてないんですよな~
大原の解答好みの傾向が掴めてない感じ
採点基準がカオス過ぎて、微妙ですわ~
コメントの詳細具合が問題によって一定してない感じ?
毎回違う人が作ってるんかな~
多分、自分の言葉で書くと大原は0点に近いかな
問題文と、理テキ以外の言葉は使わない方が良さそう・・・

相続は実判4回分の集計もらいましたけど、上位60%!!
理論A 計算D 合計C って感じです
まぁ勉強量どおり
相続の計算を本試験で戦えるレベルにもっていけるかどうかが一番の問題
法人は、問題のめぐり合わせが良ければ勝負のテーブルには上がれるかな・・・

相続の改正の教育資金非課税は、多分、適用要件と申告要件に絞ります
法人の改正は多分、ほとんどやりません
直前期に入って、株式交換、公益法人等の課税関係の取扱いやるけど、これTACだとA理論なんだよなwww
多分、大原的にはCなんだろう・・・
もう、重要度がよく分からんですな
公益法人等は、先行で暗記してたから出来れば持って行くつもり!

相変わらず理論しかやってないけど、計算対策も考えないとな~

にほんブログ村 資格ブログ 税理士試験へ
にほんブログ村

これからの戦略

ジュゴンが人魚と呼ばれていた訳分かりました
(どう見ても、かわいいとはおもえないw)
昔、太平洋で遠洋漁業やってた漁師達が、
性欲がどうしょうもなくなった時に、
ジュゴン(哺乳類なので、人間と同じものがあります)が活躍したようです・・・

相続も実判終わりました!
養子見落として、法定相続分間違えたので点数的には・・・
収穫は、時間配分は全4回の中で一番上手くできたこと
途中計算での点の拾い方の戦術が出来た事です

で、ここから本試験までの戦略
法人も相続も実判の結果でいうと、完全に落ちるグループですよね
まぁでも、実判と本試験は違います、あたり前ですけどw
個人的な意見ですがに、税理士試験は、点数的な追い込みは出来ると思ってます
勉強量が一定量を超えると、
インプットとアウトプットがかみ合う時期があってそこから点数が伸びる感じです

税理士試験の王道な戦略は、
個別理論全暗記、応用理論のパターン暗記、
計算も問題集を何回も解いて完璧に
って状態になって、本試験に臨む事だと思います
でも、自分の頭だと今年は、その状態にもっていくのは無理です
法相2科目選んだ時点で時間足りないの承知でやってるんですけどね
ベターな科目選択は、法人とミニ税法だと思いますけど、嫌だったからしょうがないw
今から考えると、直前期から取捨選択するんじゃなくて、
9月の時点から理論の暗記精度変えたりして、取捨選択すればよかったかなと
まぁそんな事をいまさらいってもしょうがないので、これからの戦略

以下、具体的科目別戦略
法人 理論
個別理論は、出来るだけ暗記題数を増やす
実判で、回した暗記はもっていけるはず
組織再編税制は、多分切ります(読むだけ)
外国関連は、去年の外国親会社が振りになってる気がするのと、
移転価格税制、タックスヘイブン関連で、税務調査、裁判が多いので暗記
連結は、納税義務者、時価評価資産、欠損金あたりに絞る
あとは、国税庁のHPで法人税関連のもので読みやすそうなものは読もうと思ってます

法人 計算
電卓叩くような勉強はほとんどしない
理論テキスト解説読み込み+計算テキスト読み込みで対応
23年度の過去問をまだやってないので、それが終わったらもう少し考えます

法人税は、出来れば左大信試験委員のときに合格したい・・・
電卓叩きスピード勝負になると自分は向いてないし、来年試験委員変わったら、
傾向が読みにくくて対応がしにくい
(法人は専門の対策があまり当てにならんので、自分で勝手に力の入れ具合変えてるので)

相続 理論
個別理論の精度高める 去年出たところ以外は全部もっていく気で!
大原の直前模試で範囲出てるのも絞らずにやるつもりでいきます
去年までの傾向でいうと、個別+事例
試験委員は2年目、多分傾向を変える可能性が少ない読んで、
過去問を踏襲した応用理論よりは、個別理論の精度と事例対策を考えます
自分が試験委員なら、久しぶりに応用理論(規定列挙型)を出すなら、今までのパターンじゃなくて、
新パターン出して、受験生全員に対して難問になるような問題だします
新パターンだと、応用理論の過去のパターン暗記だと、対応しきれないかなって思うので、
応用理論は軽めにやります
正直、応用理論までがっちりやる時間がないので、しょうがないので個別の精度重視です

相続 計算
実判レベルまでの論点を速く正確にできるようにします
これからの出る新論点は、その場で覚えれそうなやつだけ覚えます
宅地と非上場株の近年に出た解きにくい論点は出る可能性低いと思うので・・・
どうせ新パターンで解きにくいの出すと思うし、知ってる論点出ても
計算パターンがめんどくさいと、自分の計算速度だと、無視した方が好結果かなとの考えです

6月は、タックの実力完成テストを終わらせる。
そして、大原の範囲が出る直前模試等は真面目に受ける
これが終わったら(7月1週目予定)逆算して、理論まわしていきます(イメージ的には消費の時の感じ)
計算は、実判(法人はやらないかもしれん)、実完&補助あたりは解きなおすつもり
これ以降のは一発勝負で終わるかもしれません
難しいのを解きなおすよりは、現状までのを仕上げた方が良いと思うので!

まとめると、
個別理論はなるべく切らずにたくさんもっていく
本試験での応用理論は、自分のセンスにかける
計算は、基礎項目を速く正確に!です

にほんブログ村 資格ブログ 税理士試験へ
にほんブログ村
プロフィール

ほくすけ

Author:ほくすけ
座右の銘
「夢見る現実主義者(リアリスト)」

行動理念
「楽して生きる為に、死ぬ気で努力する!」

現在は所属税理士

2011年
消費税法  合格 
(簿記2級3級 合格)

2012年
簿記論   合格
財務諸表論 合格
(FP3級   合格)

2013年
法人税法   A
相続税法   B

2014年
所得税法  A
国税徴収法 A

2015年
法人税法  合格
住民税   B

2016年
所得税法  合格
事業税   D

2017年
相続税法 年内のみ
固定資産税 年内のみ


本ブログは、独断と偏見及び自己中心的な文章により構成しているため、気分を害される方も見えると思います
なお、建設的な意見、誹謗中傷、あらしコメント、愛の告白等、「宣伝以外のコメント」なら、なんでも歓迎しています!!

ブログランキング
にほんブログ村 資格ブログ 税理士試験へ
にほんブログ村

カウント
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
ブログランキング

FC2Blog Ranking

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。