スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

信義則違反

信義則違反
民法の規定であるらしい

相続の勉強はじめたころに、遺贈の放棄と相続の放棄は別に出来るとあった

じゃ、こういうのはどうだろう

父→借金しまくって、不動産を現金購入
  土地1億 借金5000万の状態で死亡
子 特定遺贈で土地取得 借金は放棄

ってやれば、ウマーって考えたりしてたけど、普通に考えれば無理でしょうな・・・
で、こういうのが信義則違反に該当して、借金の放棄だけは裁判所で認められないんだと思う
相続税の範囲じゃなくて、民法の範囲だから税理士試験で問われることはないだろうけど
(だから問題文に、裁判所にて適法に放棄したというような旨が書いてあると思う)

最近、万年筆が欲しくなってきましたが、
解答用紙によっては染みるらしい(用紙は、年によっても科目によっても違うっぽい)
税理士試験の試験要項に
「答案の作成には、必ず黒か青インキの万年筆又はボールペンを使用してください」
って書いてあるのに!!!!
これも信義則違反だろうがぁぁぁぁって思ったりします・・・




にほんブログ村 資格ブログ 税理士試験へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

理論の採点基準

理論の採点基準

講師によって結構違いますよね
財表の講師は、ある程度整合性がとれた解等なら別解でも正解でした
多分、初学コースは結構甘め、経験コースは結構辛めって感じでな気もしてます
合流してからは、なるべく同じ基準で採点してるみたいですが・・・

個人的には、辛めで採点してもらった方がいいんですけどね~
税法は規定ベタはともかく、事例、応用は採点にムラが出そうですね・・・



にほんブログ村 資格ブログ 税理士試験へ
にほんブログ村

相続 第2回確認テスト

相続の確認テスト返って来ました
理論23
計算34
合計57

確認テストで思い出しましたが、
税理士試験グレーゾーンネタw
相続は、答案用紙の余白を利用してメモは容認されてるらしい
簿記論で小耳に挟んだ話は、余白に余分な事を書いたら、
落とされても文句は言えないっていう話を聞いた

同じ試験なんだから統一しろよ・・・
今年の本試験は、ストップウォッチ禁止の会場もあったらしいですしな
(自分は普段ストップウォッチ、そして本番でも普通に使いました)
試験委員他も、受験生がストップウォッチ使ってる事くらい知ってるだろうし、
ダメにしてもいいけど、アナウンスしてくださいよ・・・
個人的に、無地のタオルは使用可能にして欲しい
手汗がひどいのでwww




にほんブログ村 資格ブログ 税理士試験へ
にほんブログ村

たな卸資産の財産評価

また相続ネタ
財産評価で、たな卸資産の評価で、納付すべき消費税を控除っていうのがあった
・・・なんじゃこれはwww
課税売上にもなってないのに、納付すべき消費税があるのだろうか・・・
5%でもないし・・・
そもそも問題上にかいてある売価が消費税込なのか抜なのか明記してないしな~


結構調べたけど、結局分からず
しかし、税理士試験は、科目合格制だから、
他税目を絡めた問題は出しにくいんでしょうな
実務は、全部考慮してやらないといけないけど・・・




にほんブログ村 資格ブログ 税理士試験へ
にほんブログ村

法施行地

相続税の法施行地
法消では、国内ってなっていたので、なぜ相続だけ法施行地なのか??
調べた結果、法所消では、用語の意義で
「国内 この法律の施行地をいう」
って定義してある
なんで、相続だけ用語定義してないんでしょうな~

これを調べてから、23年度の消費税の本試験で、
国内において の定義をについての問があった事を思い出した
相続受験経験あって、自分みたいなタイプの人は、解けない問題でもなかったんだな~
と感慨深く思いました
確か、本試験での答えは、「日本国である本邦をいう」
とか書いた気がするな・・・w
※ 本邦は免税規定で使われていた用語なので使っただけw

第二回確認テストも終わりました
小規模宅地難しいですね・・・
法人は確認テストの方が巻末の問題より簡単だけど、
相続は、確認テストの方が難しいですな・・・



にほんブログ村 資格ブログ 税理士試験へ
にほんブログ村

駄文

今日は個人的駄文ですw

税理士試験は、解答が発表されません
答案用紙も返ってきません
で、過去問やると分かるんですけど、
明らかに、問題に不備があるといえそうな問題がいくつかあります
まぁあえてやってそうな問題もある気はしますけど、
たった2時間のペーパーテストでそんな問題を出す意図は個人的には不明

よく、予備校で、白紙は印象が悪いとかいってるのは、
おそらく、白紙が大目の合格してなさそうな答案用紙は、
相当程度適当に採点してると予測されます
簿財の受験生が2万人前後で、採点期間が約4ヶ月
作問者のみで採点してるみたいなので、
1ヶ月に20日稼動とすると、4ヶ月の稼働日数は80日
1日当たりの採点できる人数は、250人
1日あたりの採点時間を10時間とすると、一人当たりの採点時間は、2、3分
法人税は8000人くらいなんで、一人あたりに当てられる時間は、6,7分になります
ページ毎に採点者を分けてると思うんですけど、
それでも、いったいどうやって採点してるんだろう・・・と疑問に思うわけです
(上記は採点に専念してる場合の机上の空論で、作問者は、
教授だったり、実務家だったりするので専念してるかも謎ですね・・・)

だから、採点のミスリードを防ぐため
読みやすい字を書いたり、分かりやすい計算パターンで記述するのも重要かなと思います

会計士みたいに1次はマークで上位数%に絞って
2次で論述にすればいいのになって思います
会計士は、合格順位も分かりますしね
そのために受験費が多くなっても文句言う人は、ほとんどいないでしょ
あと科目合格制も、無駄に受験期間が長くなって、
過去の合格科目は知識が陳腐化するので、個人的には適当ではないかなと思います
試験制度が、改正されてるとはいえ、60年前からある試験なので、
現状にあった抜本試験制度改革は必要かな~と

税理士受験動機が、院免だったり、科目合格制だったりする自分がいうのも
矛盾してるんですけどwwww

以上、末端受験生の戯言ですwww




にほんブログ村 資格ブログ 税理士試験へ
にほんブログ村

法人 第三回確認テスト

返却されました

理論23点
計算40点
合計63点

あんまりやってないわりには、点数とれた
しかし、確認テストにむけての勉強しか出来てないのでダメですな・・・

ちなみに計算過程は、結構乱暴に省略したところあるけど、
配点部分以外は、考慮してない感じ
上位で点とってる人に、配点あるところ重視で解答してる人は、いるでしょうな~
あまり省略しすぎるのはよくないけど、
個人的解釈で、省略できるところは省略しようという結論に!
多少、減点される事を考慮しても、その時間を使って他で点取れれば良し!ってことで
まぁこれは理論でも一緒ですしね



にほんブログ村 資格ブログ 税理士試験へ
にほんブログ村

模試

法人の第3回確認テストが終わりました
今回は、タイトル等を出来るだけ省略して書いてみました
どれだけマイナスされるだろう・・・

確認テストで思い出したんですけど、
これも講師によって終わった後の対応が結構統一されてないんですよね

・休憩挟んで、回収(その間に自己採点等する)
・解答配って、軽く自己採点してから回収
・終わったら即回収

確認テストの時は、自己採点してても、
直前模試系からは、即回収になったりしました
おそらく、即回収がマニュアルっぽい
よって、簿記論は、自己採点でも変わらないから、
直前期は全国統一以外は家でやる方向にしてました
(こういうところが自分勝手)
どうせ不正なんてやろうと思えばいくらでも出来るから、
自己採点してから回収にしてくれるようにして欲しいですね


にほんブログ村 資格ブログ 税理士試験へ
にほんブログ村

勉強時間

今頃、11月の勉強時間の振り返り・・・
約200時間、先月よりは増えたけど専念にしては少ないですな~
そもそも、最初の見積もりが、
会社で働いていた時と同じくらいは勉強する!ってだったから全然ダメですな
会社で働いていた時は、22日稼動、拘束16時間くらいだから、月間350時間
途中に休憩いれてるから、適当に休憩時間抜いてるので、
月間300時間くらいはやらないとなぁ
そうなると、1日アベレージ10時間になるので結構しんどいですけどな
正味10時間やろうとすると、12時間くらいは机に向かわないといけないですからな~
まぁ、東大目指してる受験生や、司法試験組はそのくらいはやってるので、
勉強の中身はともかく、時間だけでもおいつくようにしないとですな~




にほんブログ村 資格ブログ 税理士試験へ
にほんブログ村

相続税 確認テスト1回

ちょっと前にやった相続の確認テスト
理論24 計算38 合計62(上位44.45%)

計算がおそいのですべて解答できなくて、
落としてる点数が多い
相続は資料の整理が大事な感じですな~
なので総合問題を中心に練習積む予定です

あとは、途中計算とか、どこまでやるのか謎ですよな~
小規模宅地の減額とか、面積全部減額できて、
解答用紙が純額方式なら、
20/100、50/100直接かければいいんじゃねーのとか思って
明細書を確認したら、減額を分けてるから、多分わけて書いた方が無難なんでしょうな・・・

あと気になったのは、
条文上は20/100しかないけど、
明細書は(1-20/100)じゃなくて80/100で減額計算してるから、
80/100は使っても、不正解までには、ならない気はする
まぁテキストどおりやるけどw

円未満切捨も、式の打ち切りとか、コメント振るのめんどくせぇぇwww
そもそも原則円未満切捨だから、特殊なところ以外振らなくて良い気はするんだけど、
相続の財産評価は特殊な切捨て方をするところが多いっぽいから
振ってるんだろうな~と推測
簿記論の如く、(計算の都度切捨てとかコメントしたらダメなのかなww)


こんな下らない事考えてるから、
色々遅いんだろうな~w


にほんブログ村 資格ブログ 税理士試験へ
にほんブログ村

第二回確認テスト

法人第二回確認テストが返ってきました
理論18
計算35
合計53

うーん、まだ勉強量が足りてないですな~
まぁ思ったより平均点(53点)も低かったですけど・・・
時間足りなくて、最終値系を使用する(復興税とか)のは計算式書いて、
使う数字をコメント振るというオリジナル技を使ったら配点0だったw
これ本番どうなるんだろうな・・・
一応自分で出した数値を使用するってのがベターなんだろうけど、
埋めてるんだったらともかく、白紙が1問でもあったら
合ってない事自覚して数値だけ埋めてるから、注釈でコメント振る方がマシな気はするがw
まぁ一人だけ違う事やっても配点来ない可能性があるから、
大原の指導どおりやります
(大原の指導は、自分で計算した数値を使って埋める)

あとは別表4で書く科目名を省略して書いたら減点でした
通信は省略は可って言ってたんだけどな~
まぁこのあたりは、採点者によって見解が分かれるっぽい
テキストがベターっぽいんで、テキスト準拠にします
しかし前から思ってるけど、
税理士試験は採点基準が曖昧すぎるwww





にほんブログ村 資格ブログ 税理士試験へ
にほんブログ村
プロフィール

ほくすけ

Author:ほくすけ
座右の銘
「夢見る現実主義者(リアリスト)」

行動理念
「楽して生きる為に、死ぬ気で努力する!」

現在は税理士目指して勉強中(会計事務所アルバイト)

2011年
消費税法  合格 
(簿記2級3級 合格)

2012年
簿記論   合格
財務諸表論 合格
(FP3級   合格)

2013年
法人税法   A
相続税法   B

2014年
所得税法  A
国税徴収法 A

2015年
法人税法  合格
住民税   B

2016年
所得税法  合格
事業税   D

2017年
相続税法 受講中
固定資産税 受講中


本ブログは、独断と偏見及び自己中心的な文章により構成しているため、気分を害される方も見えると思います
なお、建設的な意見、誹謗中傷、あらしコメント、愛の告白等、「宣伝以外のコメント」なら、なんでも歓迎しています!!

ブログランキング
にほんブログ村 資格ブログ 税理士試験へ
にほんブログ村

カウント
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
ブログランキング

FC2Blog Ranking

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。