スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

講師

今日は講師の話
ちなみに、ものすごく主観のうえ偏った意見!
( )内は邪推です

授業が始まったばかりの頃質問の対応は、冷たい感じの人が多いw
(どうせ半分以上は辞めると思っているからか?私の質問の仕方が的外れなのかw)

ベテラン講師は、知識は豊富な人が多いけど、予備校脳になっている人もいる
(予備校のテキスト内の事は詳しいけど、それ以外の事で若干的外れな事も・・・)

若い講師は、知識はベテラン講師より劣るかもしれないけど、本試験の受験が近いため、勉強の仕方等は参考になる
(予備校内であまり声を大にして言ってはいけないような税理士試験情報をくれたりもするw)

担当以外の講師で質問した時の対応が良い人は、良い講師な気がする!
(授業担当の生徒の合格率で予備校での評価が決まる?)



通信の講師は、予備校内でも評判の良い人を使ってると思うので、
講師の質が心配の人は通信の方が良いかもですねw
他には通信だと
・途中で止めたりして問題解ける
・速度上げて聞けば、時間短縮できる
・何回も聞けるので復習しやすい
といったメリットが思いつきました!

講師の良し悪しは、相性も大きいので評判の良い人が自分に合うかどうかはまた少し違う気もしますが・・・
(例えば細かい論点まで解説してくれる講師を、詳しく解説してくれて良いと思う人と、
細かいのまで言われるとごちゃごちゃして分かりにくいって思う人もいます)

ちなみに私は教室通学で、WEBで通信の音声DLが出来るので、
暇な時間を利用して携帯プレイヤーで聞いてます
2回聞くなら、その時間で理論覚えたりした方がいい気もしますけど、
違う講師の授業聞くのも違った観点の話があったりして、面白いです
まぁ趣味の域ですな~
自分の場合は年々余分な知識が増えて、
予備校や講師に対して不平不満が多くなってきてるけど、
こういうタイプは試験落ちる傾向が強い気はしますよなwww
なんだかんだいって、予備校はあえて言ってない事も多いですけど、
その通り実行できるなら、合格には近いのかなと思います
実際、消費合格したのは講師のおかげだと思います
自分流にやってたら、勉強の強弱のつけ方失敗してたと思うので・・・


今は専念で可処分時間が多く、
多少自分流にアレンジしてやる方が好きなのと、
同じ落ちるなら自分のやり方で落ちた方が気持ちよいので
自分が良いと思ったやり方してます
(予備校の言うとおりにやるっていう方法選ぶのも、自分で選んだ方法といえると思います)


にほんブログ村 資格ブログ 税理士試験へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

カリキュラム

前回に続いて、今回も学校のカリキュラムについて

初学の進行速度は、おそらく
T年内完結>>O初学>Tレギュラー
今は知らんけど、昔は、1年目コースと2年目コースだと
教えてる範囲が違ったらしい

専門課程(社会人対応のじゃなくて、専門学校みたいなコース)も
やるかどうか検討しましたけど、
やらされる感が強いので性格上合わなそうなのと
(私はスーパー自分勝手なので、学校は頼りにはしてるけど、信用はしてませんw)
同じくらいの値段かそれ以下の値段で、
TとOの両方の講義取れるので、
それなら、基礎期はOのみ
直前期にTの直前対策コース
とった方がいいんじゃねwと思って止めました
まぁ実際両方とるのは、法人相続2科目体制では現実的ではないでしょう
あとは学校まで遠いので毎日行くのもめんどうだなと思ったのあります

そもそも専門課程を考えたのは、簿記論の模試で、
上位10人中9人とかが、専門課程の人だったんですよね・・・
どんな勉強してるか気になったのもありました
まぁ結局どんな勉強してるかは良く分からなかったですがw
ちなみに、本試験の合格率は、
簿財で50%くらい、社会人コースは上位30%が目安

ちなみに学校のカリキュラムは5月以降は異常にしんどいw
改正項目以外は3月くらいまでに終わらせて、
4月が総復習+本試験に準ずるレベルの問題
5月が改正
6、7月で模試
くらいの方がいい気がするんだよな~
今年のOは最終講義が試験の前日まであるコースもあって
正直微妙だなと思いました

あとは、税法の理論先行講習を
8月の試験後、12月の休校期間にWEB限定でもいいから
オプションでやって欲しい
初学は、理論で圧迫されて、直前期がつらい・・・




にほんブログ村 資格ブログ 税理士試験へ
にほんブログ村

学校選択

税理士の学校っていうと、大原とTACが2大定番です
自分は大原ですけど、大原にした理由は特にたいしたものではないですw
CMがいっぱいやっていたのと、パンフ見たら、税理士合格率No1って書いてあったからです
まぁ大手に行っておけば、大外れに当たる事もないし、無難かなって思って決めました
で、その後少し調べたら、大原かTACなら、まぁどちらでもOKみたいなのがネットの定番の感想

今年の8月の試験終わってから大原からTACに移動しようかと少し悩みました
専念するつもりで、TACには、年内完結から経験者演習コースのカリキュラムが魅力的だと思ったので・・・
結局消費は、大原でやっちゃったのもあったのと、
よく読んでたブログの人が大原初学コースで合格してたのが決め手で大原にしました
(※TACの年内完結は、年明けの上級と一部練習問題がかぶってるって噂も耳にしたのがありますが・・・)
まぁ本当は、TACの方でも受講相談した方がよかったかもしれませんw
法人相続の二刀流で年内完結とかめちゃくちゃしんどそうだけど、
結局私の性格だと、カリキュラムがしんどい方が勉強量増えますしね・・・・
同じ学校で、同じ科目の勉強すると飽きるので、
簿財ダメだったときのコース変更も考えると
TACでやった方がよかったかもしれませんw
相続を年内で切った場合に再来年の受験で、年内完結を2週するなら、
年明けの経験者に混じるのも多少マシになるだろうし
まぁ隣の芝は青く見えるので、今は大原でやってる事を頑張ります!!

とにかくネット界隈でも法人を1年で合格した人は本当に極少数な感じです
なんで、普通にカリキュラム通り頑張るだけじゃだめな感じかな~と思ってます
年内までに理論を回せるだけ回して、直前期の負担を少しでも減らせるようにしないとな~



にほんブログ村 資格ブログ 税理士試験へ
にほんブログ村

総合問題を練習

法人の総合問題をやってみました
1-2の練習Ⅲが 制限時間70分を62分で解けて、38点
練習Ⅳは制限70分で84分かかり41点

とりあえず、法人は総合問題は1回は解くけど、
練習を回すのは、個別問題にしました

61回、62回の本試験が個別色が強い問題で、今年も同じ試験委員
総合問題と言っても、結局個別問題が何題もある感じで対応できるので、
現状レベルの問題だと、総合を回数こなすのは、時間がかかりすぎる
総合問題の方が、問題自体の難易度が易しめなのと、
今の問題だと、総合特有の嫌らしさが満載ってわけでもないので、
個別が出来れば対応可能って感じ
以上のような感じなので、個別を回すという結論になりました

簿記論の時はAランクの問題も結構やったんですけど、
Aランクは実戦向きの問題じゃないので、2回くらい解いて、正解ならもうやらない
その分Bランク問題を回す回数を増やす事にしました
あとは、一週間の勉強プランをだいだい組立てなので、
今後はそれにしたがってやっていく予定です



にほんブログ村 資格ブログ 税理士試験へ
にほんブログ村

演習結果 年内

2013年
法人 理論 計算 合計 上位% 時間(理/計算)

基1回 19 / 37 / 56 ( 59.21% ) 20/50
基2回 18 / 35 / 53 ( 60.36% ) 23/67
基3回 23 / 40 / 63 ( 35.90% ) 23/67
総3回 37 / 38 / 75 ( 46.91% )

相続
基1回 24 / 38 / 62 ( 44.45% ) 20/65
基2回 23 / 34 / 57 ( 62.81% ) 26/69
基3回 15 / 36 / 51 ( 55.14% )





にほんブログ村 資格ブログ 税理士試験へ
にほんブログ村

第1回確認テスト

相続の確認テストかえってきました

理論24 計算38 合計62点
どの科目も計算がずっと悪いんだよな~
練習量が足りてないのはあると思うが・・・

まぁ確認テストは、参考程度
満点とってないくせにえらそうだけど、
難易度がゆるすぎて、参考にならん
(問題集の問題より簡単なので)
理論問題のやる気のなさに吹きそうになったw
確認テストのために勉強するのと、確認テスト後に復習するのが大事ですね


計算の解答用紙の端線が邪魔でしょうがないんだけど、
本番でもあるんかな
今年の本試験の模範解答には無かった
簡単な問題先にやりたいけど、線のせいでやりにくいんだよな・・・




にほんブログ村 資格ブログ 税理士試験へ
にほんブログ村

再確認

計算問題解くのに、コピーした裏紙使ったりしてるけど、
無くなったので、簿財の時の確認テストを裏紙として使う事にした
点数を見たら平均点ちょいとか結構あったw
簿記論も最初結構しんどかったんだよな~とか思い出した
問題集のチェック見直したら同じ論点を10回くらいやったものは、やはり
体に染み付いて出来るようになってる感じなのを思い出した

法人も相続も、計算だけでも結構やっかいだな~と思っていた
けど、簿財消も最初にやった論点は頭に?が三つくらい浮かんだ事もたくさんあった
今までやってて、この試験は、センスより練習量の方が重要度が高いと分かってる
最初は、結構しんどいけど、やればやるほど力になるはずと思ってやるしかないな~


にほんブログ村 資格ブログ 税理士試験へ
にほんブログ村

確認テスト

相続は次回、法人は次々回に確認テストがあります
簿記論の時も思ったけど、偶数回にテスト実施するの辞めろよ
土日の1日2コマコースの人が復習できないだろ・・・

まぁ確認テストは、ひどい点数とらないくらいの対策勉強はしますけど、
満点確実!っていうほどの勉強は多分しません・・・
そもそも自分の場合は覚えが悪いので、3~4回やったくらいだと、
満点レベルにならない
なら、10回やれよとも思うけど、年内で10回やれるくらいでいいのかなと・・・
どうせ忘れるので、過去論点含めて薄く広く何回も復習していく算段です

計算の復習厚くやるより、理論を範囲外含めて総復習した方が、
よさげな感じですしね

本試験にピークに仕上がるのを意識しつつ、学校カリキュラムを独自にアレンジして
やっていく予定です
途中の結果をあまり気にせずに・・・
(初学コースでも、2年目の人とか、参考にならん勉強ギフト持ちも混じってるし)

どうせ、5月になったら、初学コースの人は潰されるらしいしwww
実判は理論範囲見ないで、受験出来ると理想だけど、そのレベルまでいけるかぁぁ~


にほんブログ村 資格ブログ 税理士試験へ
にほんブログ村

寄付金

寄付金の範囲がなんとなく納得がいかん~
得意先に対する債務の免除とか子会社に対する利子の免除とか、
広辞苑に載ってる意味での寄付金とは違う気がする・・・

まぁ法人税的に考えると、明確が不明確な費用は、損金不算入って感じなんだろう
きっと・・・


にほんブログ村 資格ブログ 税理士試験へ
にほんブログ村

ブログ

改めて思いました
ブログ役に立ちますな~
先人の真似をすれば、いいところまでいけますからな
パチ&スロは、これでなんとかなった・・・

実際合格した人の生の声を聞けるのは役に立つ
専門の講師も、あえて言わない事多いしな~
とりあえず、勉強量だけでも上位5%になるくらいまでやってから、悩みましょ
計算も理論も30回転とか、特に珍しいわけでもないらしい・・・

にほんブログ村 資格ブログ 税理士試験へ
にほんブログ村

減価償却資産

減価償却資産の判定の算式の組立に一貫性がねぇぇぇ!

定率法>1年目だろうが、判定
定額法>耐用年数末期のみ判定
一括償却資産>20万円判定してない

やる時とやらない時の基準が分からんwww
添付する明細書に算式書く必要があるかどうかなのか?

自己脳内保管
定率法は、明細書に判定の計算式があるらしい
一括償却資産は、減価償却とは別カテゴリーで算式立ててるので、
そのカテゴリーにぶっこんだだけで、20万未満

少額の減価償却資産と中小企業者等の特例は、
10万未満と、30万未満の減価償却カテゴリーでやるから
判定式立ててるのか・・・

にほんブログ村 資格ブログ 税理士試験へ
にほんブログ村

調べ物

本日の午前中は、講義中に思った本試験には、
あまり関係ないであろう疑問を色々調べたり、
OとTの理論ミックス、規定との微妙な表現の違いを確認

あまり役には立ちそうにないんだけど、やらないと気持ち悪いんだよな~

法人税の本試験には関係なくて、ややこしいからだろうけど
減価償却資産の中小企業の特例の適用しても、
減価償却資産税取られる事くらいは、講義中で触れて欲しかったなぁ

にほんブログ村 資格ブログ 税理士試験へ
にほんブログ村

ミニテスト対策

火金は講義の日!
法人のミニテストは、前回くらいから指針を変えて
どうせ時間が足りないので、
どこまで崩して点がどれくらい削られるか試したりする事にしました!
一応ベタ対応可能なレベルで暗記(Tのプラスアルファ含む)はしていきます
本当は、時間内にベタ全書きできる精度で覚えていかないといけないんだろうけど、
ミニテスト対策の為に1つの理論暗記を10の力でやるより、
過去の理論も含めて薄くやった方が飽きないしいいのかなと・・・

計算も途中計算はしょったりしたけど、
どうせ配点ラインしか採点しないと分かったので、
まともに解く事にしました・・・

しかし、採点する方からすると、めんどくさい奴だろうな~w

久しぶりにランキングに参加してみます
別にクリックなんてしなくていいんだからねっ!

にほんブログ村 資格ブログ 税理士試験へ
にほんブログ村

法人確認テスト

少し前にやった法人税の確認テストは、59点でした!
平均が56点とかだから、専念的にはダメダメですねw
Tの理マスも混ぜながら覚えてますけど、そこまで書いていたら、今のレベルだと時間切れですしな~

しかし、理論も計算も本試験の出題形式とは、全くといって良いほど違うんだが、
今やってる勉強方法が、未来に繋がってる感じがしなくて辛いですな・・・

相続は、今年の問題みたけど、なんとなく出題と解答のイメージは出来るんだけどな~
相続の難関っていうのは、難易度が高いんじゃなくて、競争率が高い感じですな

個人的推測だと、受験生で合格レベルまでに達している人の倍率
簿財消 2倍程度
法所  3倍程度
相続  4倍程度
って感じのイメージなので相続がキツイと思われる

難易度だけだと、法所の方がきつそ~

ブログランキング

FC2ブログのランキングのカテゴリーで資格・スキルアップに登録しようかと思ったら、
設定の画面では、そのカテゴリーがないw
検索できるランキングと、設定できるカテゴリーが微妙に違うんだよなw
よく分からんので、このままで行こうかな~

よくわからんが、税理士受験生はアメブロが多いのだが、
移行もめんどくさいので、このままFC2ブログでやってきましょうかね
まぁ更新気力もいつまで持つか分からんし!

しかし、法人のミニテストはいつも時間が足りんな~
ドーピング(初めの合図がある前に、問題用紙読んでる)のに全部書ききれん
軽度の腱鞘炎持ちで速記すると、
手が痛くなるので、とりあえず時間内にまともに解答するのは諦めましたw

10月になりました

予定通り、9月から法人、相続の勉強しています
9月の勉強時間は、合わせて150時間程度(授業込み)
これだけだと、遅れないようにするので精一杯ですw
もう少し気合いれてやらないとダメですね

まぁ初学の法人相続は、かなり無茶だと思うので、

・12月までに学習済み理論を1日で回せる事
・総合問題、確認テストの解き直しで、時間8掛け、満点レベル

このレベルになれてないなら再考します
まぁ簿財の合否の結果でも再考しないといけないですけど
プロフィール

ほくすけ

Author:ほくすけ
座右の銘
「夢見る現実主義者(リアリスト)」

行動理念
「楽して生きる為に、死ぬ気で努力する!」

現在は所属税理士

2011年
消費税法  合格 
(簿記2級3級 合格)

2012年
簿記論   合格
財務諸表論 合格
(FP3級   合格)

2013年
法人税法   A
相続税法   B

2014年
所得税法  A
国税徴収法 A

2015年
法人税法  合格
住民税   B

2016年
所得税法  合格
事業税   D

2017年
相続税法 年内のみ
固定資産税 年内のみ


本ブログは、独断と偏見及び自己中心的な文章により構成しているため、気分を害される方も見えると思います
なお、建設的な意見、誹謗中傷、あらしコメント、愛の告白等、「宣伝以外のコメント」なら、なんでも歓迎しています!!

ブログランキング
にほんブログ村 資格ブログ 税理士試験へ
にほんブログ村

カウント
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
ブログランキング

FC2Blog Ranking

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。