スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

法人税 補足事項

資格の学校での法人税法のカリキュラム以外の学習での知識で役に立ったこと

以下 気づいた事をつらつらと

実務で申告書を作成
別表4、5、5の2の転記は早くなる
あと付随的だが自分が作った申告書の記入漏れの見直しとかすると、ケアレスミスは減る

所得税法、相続税法の受験経験
法人、所得、相続、消費は各税法に被る部分があるので、全部を体系的に学んだ経験があると理解が早い
また、各税法の考え方を他の税法に落とし込むことが出来る

専門学校以外の教材
国税庁のホームページから通達、質疑応答事例あたりは見ると知識が増えるが、問題で出るとミスする事も多かったので無理してやらなくていいと思う
どうしても通達読み込みたいなら、法人税法基本通達逐条解説を買って、読み込むと通達の考え方が分かるので、やる事ないならやってもいいかなという感じです
問題を解くのが中心の人は、国税庁のホームページより計算テキスト、理論テキストを何回か読む方がオススメです

他校の問題や教材
原則は一つの学校で良いかなと思います
自分が二つの学校でやってるのは受験対策というよりは知識増やしたいからというのが大きいです
受験対策なら、なんとなくの知識量を増やすより問題に対する解答精度と速度上げる方が有効
精度と速度上げるには、同じ問題を繰り返し解く方が早いかなと思う
自分が知識増やしたいのは、実務上は知識0だと対応不可だが、知識1でもあれば調べればなんとかなるからです
計算問題の解答方法とかの省略パターンが各学校により多少の差異があるので気になるならやってもいいかなという感じ
理サブと理マス混ぜてるのはあまり、オススメではありません
覚えるのにやたら、時間がかかる上に得点の上積みが低いからです
やるとしたら、論点丸々抜けている項目を足すくらいです
スポンサーサイト

法人税 勉強のポイント

今年は、勉強時間と体重を報告していきます

今週の勉強時間 16時間10分
体重 69.8キロ



税理士試験 本試験対策(法人税法)

勉強時間
1年目 1220時間(過去ログに詳細あり)
2年目 954時間
(間に1年空いてます)

答練成績
TAC
実力完成 全6回平均 13.6%
全国模試 23.4%

大原
実力判定6回平均 46%
他の資料はなくしたっぽい
点数だけなら過去ログで確認できます


※TACは時間オーバーして解答しているときあるかもしれません
採点者との相性
TAC ◎
大原 △


前提条件
ある程度勉強量したのに不合格になった人
初学の勉強方法は検索すればわりと出てきそうですし、専門の先生に相談すれば的確に答えてもらえると思うので、独自の視点で書きます

累計勉強時間が2,000時間超えてない人は、原則勉強時間足りてないので専門学校の教材(一つの学校の教材でOK)で勉強して下さい
たまに短時間で合格した人いますが例外です
そういう人の真似して合格する人は一部の人です
時間作れない人は、時間作れる環境に変えるところから始めた方が合格に近いです
個人的には年1,000時間を税理士試験に使う時間を作れない人は、院免を視野に入れた方がいいと思います

トップクラスは自分が高得点とるだけじゃなく、模試の問題解き終わったらだいたい平均点とか分かるようになります
このくらいまでいくと専門の教材で勉強することがほとんど無くなったかなという状態です

①没問対策
本試験は、没問あるのが前提で臨む
専門学校の問題は基本的には、解答不能の問題はありませんが、本試験では解答不能の問題がでます
良いとか悪いとかの問題ではなく、出るもんはしょうがないので自分なりの対策を立てて下さい

具体的な対策が、思いつかないひとは、
問題だけ読んで、即捨て
これだけでいいです
解答時間のアドバンテージが得られるので充分対策になります
即捨て出来ない人は自分が確実に解ける問題を瞬時に判断できないレベルなので練習不足です

模試の成績が良くて、本試験の問題に文句言ってる人がいますが、良問だろうが悪問だろうが合格人数は変わりません
問題に文句言ってないで、問題に合わせた対策をするべきです


自分の場合は、2014年の問題を解いて試験委員対策で

前年以前からの推定問題は基本的に解かない、解いたとしても最後に解く

コメントは必要最小限で、コメント欄があるなら書くが、必要以上に書かない。コメントに時間を使うなら最終値を合わせることに力を注ぐ、最終値が合わせる自信がない問題は後回し

雇用促進税制(人数増加、支給額増加ともに)でテキストレベルを超えた問題が出た場合は税額控除だけ合わせる、判定式とかややこしいので適当に時間かけずにやる

初見の問題の正答率が悪かったので、なんとなくやり方が想像出来る問題でも手を出さない、あとで解く

くらいは頭にいれて本試験に臨みました

②ケアレスミス対策
ケアレスミスは対策で減らせます
問題解いてるとよく自分がミスするパターンが抽出されます
このミスのパターンをメモしておいて、模試の前にみる
これ繰り返すだけでかなり減ります
どうしても不安な論点は試験前日に数回解けば対策としては充分です

③前提条件の確認
前提を間違えると、即不合格になりかねない論点があります
例 中小法人の判定

なので、個別論点を解く前に確認すべき事項を計算用紙にメモしておきます

④結論の重要性
主に理論ですが、結論が違うと内容があっていても点が来ない可能性が高いです
なので、結論に自信がない問題はとりあえずとばす
規定等も必要最小限で書く
としたほうが、時間のロスが少ないです
考え方に配点がきた年もあるでしょうが、過去問をみるかぎりそういう年の方が例外です

⑤余分な事を書かない
これも主に理論です
何回か受験してると理論で加点とるために加筆したくなります
しかし、加筆が加点につながっているか不明で、時間のロスの方が大きい可能性があります
自分の言葉で加筆すると正しいことを書いていたとしても試験委員にうまく汲み取ってもらえず、印象が悪くなる可能性もあります
なので、理論では加筆によるアドバンテージをとろうとせず、他の受験生が書いてくるであろう事を確実に書く事を重視して下さい
書くか迷ったら、他の受験生で書く人がどのくらいいるか想像して1割くらいの人しか書きそうにないなら時間ロスの方が大きいと思います
どうしても触れたい論点がある場合は、1行程度でいいと思います

⑥2017年対策
2016年の本試験で一部ベタ理論が出たせいで、2017年のトップクラス受験生はベタ理論の精度を上げてくると思います
理論の精度をどこまであげるかは、どれだけ理論に時間を使えるかに比例するので、可処分時間によるのですが、トップクラスは精度を上げてくると思って受験に臨んだほうがいいと思います

他になにか質問あれば、コメント下さい

財務諸表論のこと 理論編

3DのAV、電動テンガ、グローブを連動させた商品を作ったら爆発的ヒットの予感!
お願い、ソフトオンデマンドさん!

【勉強方法】
重点してやったのは
Oのチェックノート暗記
テキスト読み込みです

暗記は、確認テストや、直前期の模試に合わせて8回くらい回転させました
まぁ税法に比べると楽ですよね
暗記しなくて良いってよく聞くんですけど、チェックノートレベルは暗記した方がいいような・・・
暗記してるとアウトプットが速くなるので、
時間的アドバンテージは得られるのは間違いないです

あと規定は、Oの理論問題集(外販)で赤文字のところを暗記しました

法規集買ったり、財務会計講義も買って通読しましたけど、
まぁこのあたりはプラスアルファで、本試験の点数自体には影響しないかなって思います
(会計脳養うには良いかもですが)

簿記論講師日記っていう有名講師のブログは結構お勧めです!
読んでると、会計脳と試験対策脳が構築されます
めちゃくちゃマメな方なので、掲示板で質問すれば、誰に対しても丁寧に答えてくれます!!
あと会計人コースで予想問題等作成されてたのを解いたのですが、
自分が講師に質問しようとしてた事が、そのまま問題になったりしていたので、
ちょっとワクテカしたくらいですw

【理論対策】
財表の理論は、なんとなくみんな対策に困ってる感じの方が多いんですけど、
自分は授業自体は結構好きでした

問題は、本試験対策なんですが
問題の難易度を
A チェックノートのベタを解答に使える
B 理論テキストに内容が触れてあり、解答の柱として使える
C 法規集のみ、もしくは独自解釈による問題
と規定してみます

模試の問題は、ほとんどAとBなんですけど、
本試験は普通にCが出るんですよね・・・
自分の場合は、AとBの問題しか出てない時は、ほとんど記述出来ていたので、
理論だけでいったら模試の点数はそこそこ良かったです

ただ懸念事項は、本試験の問題がAとCで構成されていた時なんです
Aは合格レベルの人はほとんど合わせてきます
Cは、出来ない人が多いので別にいいんですが、
これだと差が出ませんwww

やっぱり財表は計算でアベレージ40点くらいは取れるようにしておいて、
チェックノートを確実に抑えて、理論テキストは暇な時間に通読する感じが、
一番合格に近いんじゃないかなって思います

あと計算の項目で書き忘れたんですが、効率重視なら、
財表は、通信で受講して計算の講義で
簿記論と被っているところは早送りすると良いと思います

にほんブログ村 資格ブログ 税理士試験へ
にほんブログ村

財務諸表論のこと 計算

クリスマスでした!
ちなみにケンタッキーが1年で一番美味しくない日です
(作り置きしてるので)
多分ケーキもそんなに美味しくない日です
(作り置きしてるし、苺も旬じゃないので)
多分、昨日の夜22時~2時くらいまでが1年で一番チョメチョメ(山城新伍風)してる人の人数が多い時間でしょう
(そしてホテル代が高い日でしょう)
そして、私は今年も明石家サンタを見て終わりました!!!
まぁ特に結論はないですw



財表は1月コースで受講しましたし、理論と計算に分けて書く事にします

【前提条件】
O 1月初学コース受講
1月~3月まで 会計事務所バイト等
4月~     専念
簿記論は9月から受講
勉強時間654時間

【直前期の成績】
O実判(4回計) 上位19%
O全統      上位15%
T全統      上位35%
L全統      上位27%

【使用教材】
O 初学カリキュラム
O オプション必須論点
O オプションGWの理論ゼミ
T オプションGWの理論ゼミ

O 外販計算基礎
O 外販計算応用
O 外販理論
会計人コース直前対策増刊
会計人コース8月号(やらなくて良いかな
財務会計講義
会計法規集
簿記論講師日記 (WEBサイト)

【計算】
ぶっちゃけ、計算は余り得意じゃなかったんですよね
というか、満点レースに近い系はやや苦手です
直前期の模試は、理論で上位10%以内、計算で平均くらいで、
合計すると、上記のような感じです
色々教材やってますが、時間がなかったので、ほとんど解き直ししていませんw
今思うと、2回は解いた方がいいと思います(特に基礎期の教材)
ちなみに簿記論の記事で書いた市販教材の財表版もあります

簿記論の計算で補えるって結構言う人が多いんですけど、
個人的には、少し違う感覚です
簿記論ばっかりやってると、財表の計算の点数は伸びにくかったです
(多分、簿記論は解ける問題探しに行くのに労力使ってるのが影響してると思うんですが)

ちなみに仮計は作ってました
最初なしでやってたんですが、講師に相談して、作成する事に
直前期になって速度不足で悩んでやめようかと思ったんですが、
変える負担と、本試験が比較的時間があまり気味になる傾向を考えた結果、
丁寧にやってミスが少ないほうが良いかなって結論になって、仮計で落ち着きました
もう一回やるなら、仮計作らないで練習する気でしたが・・・
ちなみに、今年の本試験で言うと、時間が余るくらいでした

最後に、財表の計算問題は、基本的に過去問を踏襲した問題が出るので
直近3年分くらいは、何回か解いて置くのが良いと思います!




にほんブログ村 資格ブログ 税理士試験へ
にほんブログ村

簿記論のこと 補完事項

デコルテぐらいが( ゚∀゚)チョウドイイ!!

いやぁ、税理士受験生のブログは、みなさん真面目で頑張っておられるので、
どうもそのようなブログばかり拝見させて頂いているうちに、
自分でも気づかないうちに、真面目よりになっていたようです
ちょっと、ふざけてる記事だとコメント2つも頂けたので、
これからは、遊び心を交えた記事を心得たいと思います

という事でもう少しでクリスマスですけど、自分がサンタから欲しいプレゼント
そうです!税理士受験生なので、当然らいね・・・

「年末ジャンボ宝くじの一等」です

いやぁ、一等なんて、当たったら、税理士受験に何年でも専念できるじゃないですか!!
すばらしいですねw

簿記論について補完事項
【仕訳について】
勘定科目を省略されてる方は結構いらっしゃると思いますけど、(ex「現金預金」を「C」等)
自分は、最後の方は
( )50 ( )100
( )50
って感じにして、勘定名書いてませんでした
勘定名だけ頭の中で切る感じです
1行の時は、頭の中で切ってたので、2行以上の時は、上記のような感じです

【実力の把握】
出来ればですけど、自分がどの程度のレベルなのか把握しておくのは結構重要だと思います
模試上位の人と、平均くらいの人は、例え本試験で同じような点数だったとしても、
問題へのアプローチが結構違うと思うんですよね
これは、取捨選択(優先順位)の判断の時に重要だと思います
もう少し具体的にいうと

・推定やら、問題を捻られても解ける論点
・テキスト、問題集と似た問題だと解ける論点
・仕訳のみなら解ける論点

なんとなくでいいので、こういのを分かってると取捨選択の判断は間違えにくいのかなって思います

まぁ上位から比べると、ヘボい実力ですけど、合格するには、こんな感じで良いのかなって思います

次回は財表です!


にほんブログ村 資格ブログ 税理士試験へ
にほんブログ村
プロフィール

ほくすけ

Author:ほくすけ
座右の銘
「夢見る現実主義者(リアリスト)」

行動理念
「楽して生きる為に、死ぬ気で努力する!」

現在は税理士目指して勉強中(会計事務所アルバイト)

2011年
消費税法  合格 
(簿記2級3級 合格)

2012年
簿記論   合格
財務諸表論 合格
(FP3級   合格)

2013年
法人税法   A
相続税法   B

2014年
所得税法  A
国税徴収法 A

2015年
法人税法  合格
住民税   B

2016年
所得税法  合格
事業税   D

2017年
相続税法 受講中
固定資産税 受講中


本ブログは、独断と偏見及び自己中心的な文章により構成しているため、気分を害される方も見えると思います
なお、建設的な意見、誹謗中傷、あらしコメント、愛の告白等、「宣伝以外のコメント」なら、なんでも歓迎しています!!

ブログランキング
にほんブログ村 資格ブログ 税理士試験へ
にほんブログ村

カウント
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
ブログランキング

FC2Blog Ranking

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。